音楽療法とは? そして音楽療法士という職業

スポンサードリンク

音楽療法とは、もうそのままですね。音楽を使った療法のことです。これは音楽を利用して
人の心や体を癒し
ながら心身にある不具合を正す、いわば精神療法の総称のようなものになります。

音楽は聴いている人
に対してこころを落ち着かせる効果や、逆に気持ちを高揚させる
といった効果があります。では音楽を自ら奏でる人には何か効果はないのかというと、もちろん
これは効果があります。
演奏している場合はいわば感覚的なものをそのまま表現できるということなどです。

このような音楽が持っている音楽の性質をうまく生かして治療に取り込んでいるのが
音楽療法になります。 音楽療法士と呼ばれる職業も実はあるんですね。
世界はもとより日本でも注目されている職業のひとつです。

音楽療法は、有力でかつ有効な医療行為にまでなってきているのです。
音楽療法をしっかり本格的に受けるとなると音楽療法士という専門家からと覚えておいてください。

人間の病気はいろいろあって、薬などだけでは治らないケースも多数存在しているので
もっともっと音楽療法の研究が進むといいですね。

簡単な音楽療法

しかし、既にあなたは音楽療法をご自身で取り入れておられるかも知れませんよ。

お店のCDコーナー楽器屋さん、書店の一角などに置いてある「胎教にいいCD」、
安眠のためのCD」、癒し専門店などにある「ヒーリングCD」などなど。
これらを買って持っておられる方も意外と多いのではないでしょうか。

何も今、例に挙げたようなCD類でなくても、お気に入りのアーティストのCDを聞いていると落ち着くとか、
気分が乗ってきた!とか経験があるのではないでしょうか。こんな感じのものでも十分に音楽療法なのです。

好きな音楽を聴いたり、好きな楽器を気兼ねなく演奏したりしてあなたの心の中がすっきりとするのは
一種の音楽療法で癒された証なのです。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

音楽療法の歴史

音楽療法歴史は意外にも結構長く古いものになります。どのくらい古いかといえば古代ギリシア
時代には音楽療法が存在していたのです。それほど先人たちも音楽による治療の効果を目の当たりにしていたということですね。
音楽療法という言葉自体はそこまで古くはありませんが。